債務整理のススメ

債務整理の種類

債務整理の種類

債務整理のススメ

多額の借金を負ったため、返済ができなくなった債務者は、すぐにでも債務整理をすべきです。

個人の債務者がとるべき債務整理には「自己破産・任意整理・民事再生・過払い金請求」の4つの方法があります。
それぞれの特徴を知り、適切な対処をして苦しい借金から解放されましょう。

 

自己破産

一般的に最も有名な債務整理が自己破産です。
自己破産の最大の特徴は、返済義務がなくなることです。
しかし、そうした免責を受けることができる一方で、破産者は財産を取り上げられてしまいます。
それを避けたい人は、自己破産以外の債務整理をすべきです。
詳しく見る

 

任意整理

任意整理とは、裁判所を通さず、私的に債務者と債権者が今後の返済条件について取り決めることです。
場合によっては、借金が減額されます。
さらに、複数の借金をしている方は、そのなかから一部の借金を選んで整理することもできます。
しかしながら、債権者は金融の専門家ですので、一般人の債務者だけで任意整理をする場合は、債権者が有利な内容になる傾向があります。
任意整理をする場合は、弁護士や司法書士等のプロの力を借りるべきでしょう。
詳しく見る

 

個人民事再生

個人民事再生とは、継続的に収入を得る見込みがある方で、借金の額が5千万円以下の場合において、再生案が裁判所に認めてもらえれば、債務額が5分の1から10分の1まで減額されます。
自己破産と違い、マイホームや保険などの資産を取られる心配はありません。
詳しく見る

 

過払い金請求

過払い金請求とは本来支払う必要がない、債権者に支払い過ぎた「過払い金」を請求し返金してもらうことです。
現行法では金利は20%以下という利息になっていますが、かつてはそれ以上の金利が当たり前でした。
最高裁の決定で、過去の契約でも過払い金を請求することが可能となったのです。
詳しく見る

 

※記事内容は一般論ですので、必ず法律家に相談しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ