債務整理のススメ

個人民事再生とは

個人民事再生とは

民事再生のなかで、個人のみを対象にした手続を「個人民事再生」と呼びます。
この個人民事再生手続きをすれば、マイホームや愛車などの財産を処分されず、債務を整理することが可能です。
しかし、個人民事再生手続きをするにあたって、クリアしなければならない条件があります。
それは、住宅ローンを除く借金の額が5千万円以下であること、また、給与など継続的に収入を得る見込みがあることです。
裁判所に個人民事再生手続きをして、現在抱えている借金が返済困難であることを認めてもらえれば、住宅ローンを除いて約5分の1から10分の1まで借金は減額されます。そして、減額された借金を3年にわたって分割で返済していくことになります。

 

個人民事再生を利用すれば、自己破産のように借金全額の返済義務が免れるわけではありませんが、借金を大幅に減らすことは可能です。
また、3年という長期での分割支払いになり、返済にゆとりも生まれます。
さらに、自己破産のように高価な財産が処分されることも一切無く、就職の制限もありません。
しかし、民事再生にもデメリットがあります。自己破産のように返済義務が全て無くなるというわけではないということです。
また、住宅ローンについては全額返済しなければなりません。
そして、民事再生をした事実が信用情報機関に登録されますので、約5年から10年の間は、新しく借り入れたり、ローンを組んだりすることは不可能です。また、その期間、クレジットカードも発行できません。

 

※記事内容は一般論ですので、必ず法律家に相談しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ