債務整理のススメ

任意整理とは

任意整理とは

裁判所を通さず、債務者と債権者が今後の返済条件について決める債務整理の方法が、任意整理です。
債務者個人のみで債権者と契約を結ぶケースはまれで、債務者から依頼を受けた司法書士や弁護士などの法律家が、サラ金業者・消費者金融・カード会社・信販会社などの債権者と話し合いをすることが多いです。
話し合い次第では、借金の総額や毎月の支払額、損害金を減額してもらったり、金利を下げてもらうことが可能です。

 

借金の減額や金利を下げてもらうこと以外でも任意整理にはメリットがあります。
マイホームなどの財産を手放さずに債務整理ができます。
また、法律家に依頼した後は債権者からの取り立てがなくなります。
法律家が受任通知を債権者に送り、その通知を先方が受けた時点で、今後の連絡などは法律家が代理でしてくれます。
また、家族や職場に任意整理の事実について知られることはありません。

 

また、今後支払わなければならなかった利息の支払いが無くなるケースや、分割支払いが認められるケースなどもあります。
そして、複数の債権者から借金をしている場合は、そのなかから一部の債権者を選んで、整理することもできます。
さらに、支払い過ぎていたお金である過払金を、債権者から取り戻せるケースもあるのです。

 

しかし、任意整理にはデメリットがあります。
契約の引き直し後、借金の減額や金利を下げてもらうことはありますが、原則として元本が減額されることはありません。
また、金融機関のブラックリストにリストアップされますので、5〜7年間は、ローンや借り入れができなくなり、カードを作ることも不可能になります。

 

※記事内容は一般論ですので、必ず法律家に相談しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ