債務整理のススメ

おまとめローンが通らない

おまとめローンが通らない

おまとめローンの審査が通らず、金融機関に理由を尋ねても「内部規定にもとづいた総合的判断」としか返答されなかった方はいませんか?
おまとめローンの審査に通らず、その理由が分からない方に有力な情報を提供します。

 

おまとめローンの審査に通らない理由で、まず考えられるのは、あなたの信用情報が悪いからです。
借り入れ後、返済の延滞があった場合や、収入に対して借入額が大きすぎる場合、また、あまりにも多くの金融機関から借入れている場合など、金融機関に信用されません。そのため、おまとめローンの審査は通りづらくなります。

 

次に考えられる理由は、複数のおまとめローン会社に申し込み、断られている場合です。
おまとめローンを申込むと個人信用情報機関がその履歴を登録管理し、金融機関に情報共有します。
2つ目の申し込みから、履歴を参照されるため、ハードルが高くなってしまいます。

 

では、どのようなおまとめローン会社を選んだらよいのでしょうか?
それは、敷居の高い金融機関を選ばないことです。
敷居の高い金融機関とは金利が低いところです。大手銀行が運営するローン会社などは、金利が低いことが多いのですが、貸し倒れについて敏感に反応しますので、貸し出しも慎重になります。
そのため、信用情報が欠ける方は、審査に通りづらくなってしまいます。
消費者金融業者は、銀行に比べると金利は高いですが、制約が少ないので、それだけ審査は通りやすいです。
次に、再度申し込むときは、間を空けてから申し込んだほうがベターです。それらの点にご留意ください。

 

総量規制

2010年に貸金業法が改定され、借金の限度額が自主規制されるようになりました。
その規制額とは「世帯年収の1/3.を上限とする」というものです。
仮に夫婦で600万円の年収であれば200万円までしか借入れができません。(車・住宅ローン除く)
このようなケ−スで、既に200万円近い借金があった場合、おまとめローンも新たな借り入れとカウントするケースが多いので、審査は通らなくなる可能性が高いのです。

 

※記事内容は一般論ですので、必ず法律家に相談しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ