債務整理のススメ

過払い金請求とは

過払い金請求とは

昨今、金利の払い過ぎた分(過払い金)を請求することによって、クレジット会社や消費者金融などの貸金業者から返還されたという話を耳にするようになりました。どうして、金利の払い過ぎ(過払い)が起きてしまうのでしょうか。
金利の払い過ぎが発生した原因は、貸金業者が利息制限法により規定された15〜20%という金利の上限を超えて、利息を受け取っていたからです。
メディアに露出の高い有名な消費者金融でさえも、利息制限法の上限を超える金利を受け取っていました。
こうした貸金業者の横暴がまかり通っていたのは、出資法の上限金利である29.2%を超えなければ、利息制限法を超えた金利を設定したとしても、刑事罰は科せられなかったからです。
しかし、クレジット会社や消費者金融などの貸金業者が、利息制限法の上限を超えた金利を受け取る法的な権利はありませんので、法定金利以上の金利を支払っていた人は、過払い金として返還請求をすることができます。

 

過払い金は過去に完済した分も取り戻せる

支払を終えてから10年未満であれば、過払い金の請求は可能です。
「当時の書類はもうないよ」というケースでも、借りていた業者名が解れば、請求は可能です。
ただし、下記のような場合は請求することができません。
銀行のローン、ショッピング・オートローン、借りていた業者が破たんしてしまっている(武富士など)、金利が20%未満だった業者
また、過払い金返還請求によって、貸金業者の体力も消耗してきていて、小さな業者などは支払能力が無く、過払い金を請求しても返ってこないケースもあります。

 

※記事内容は一般論ですので、必ず法律家に相談しましょう。
アコム過払金請求もことならアコム過払金請求専門サイトがオススメです。


ホーム RSS購読 サイトマップ