債務整理のススメ

ブラックリストとは

ブラックリストとは

ローンやクレジットカードで金銭を借り入れたあと、その返済が遅延したり、債務整理をしたりしますと、それらは金融事故として扱われ、信用情報機関に記録されます。
俗に言う「ブラックリスト」とは、この信用情報機関に記録された金融事故情報のことであって、貸金業者などの金融機関が作成し管理したものではありません。
日本には、「シーアイシー、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センター」の3つの信用情報機関があり、金融事故情報(ブラックリスト)を登録管理しています。

 

それでは、「シーアイシー、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センター」について順を追って説明します。
シーアイシーは、信販・クレジットカード業、流通業のために設立された情報機関で、クレジットカード発行企業や信用保証会社などが加盟しています。
次に、日本信用情報機構は、消費者金融専業会社や商工ローン会社が出資して設立した情報機関です。
そして、全国銀行個人信用情報センターは、全国銀行協会が運営している信用情報機関で、銀行系クレジットカードの情報や住宅ローンの情報等を登録管理しています。
これらの信用情報機関が、管理している金融事故情報(ブラックリスト)とは、債務の返済における延滞情報や保証会社が代位弁済した情報、自己破産や任意整理などの債務整理情報、また、貸金業者との契約不履行による強制解約情報などです。
ブラックリストに登録されると、約5年から10年の間は、金融機関から新しく借り入れることができなくなってしまいます。

 

ブラックリストは法律ではない
「ブラックリストになってしまう」というと、あたかも法律のようなイメージですが、貸金業界の規制にすぎません。
債務整理をした後に全部の業者から借入れできないかと言うと、必ずしもそうではありあせん。
あなたの収支状態が健全であれば、貸し出しをしてくれる貸金業者もあるかもしれません。
貸金業者も商売ですので、健全な収支を保っている人はお客様でもあります。
ただし、聞いたことのない貸金業者や頼んでもいないのに、DMや電話で「貸します」と言ってくる業者は要注意です。
悪質な街金、ヤミ金に引っかからないようにしましょう。

 

※記事内容は一般論ですので、必ず法律家に相談しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ